もんきり

もんきりあそびをしている子供の手。

もんきりあそびとは

「紋切り型(もんきりがた)」という言葉があります。これが、江戸時代にあった「紙切り遊び」の型紙の呼び名だったのを知っていますか?

「紋きり遊び」は、紙を折り、型紙どおりに切り抜いて「紋」のかたちをつくるもので、寺子屋の教科書にものっていました。

このころ、人々は紋や文様を着物やのれん、提灯や食器、てぬぐいなどの、生活のあらゆる場面で使い、そのデザインを自由自在に工夫し、遊びつくしていました。「紋」は、そういう人々の生活や歴史を刻んだ、ユーモアや機知にあふれる美しい形の宝庫です。

さぁ、私達も「日本のかたち」で遊んでみましょう。

取りいだしたる和紙折り紙。

まずは二ツに折りまして

さらに三ツに

折りまして

ぴたりと型紙重ねたら

切って開けば、さあどうだ!

あ、サア

あ、サア

サァサァ

サァサァ

「つるかたばみ」の、できあがり。

ナルホド、型があるから
型破りができるってェもんだ。

いよっ、もう一回!

Slider

エクスプランテのもんきりの本

そのほかのもんきり関連書籍

もんきりのあそび方

エクスプランテのワークショップ

暮らしをたのしむもんきりアイデア

もんきり海外へ ベラルーシ編

お守りもんきりプロジェクト