もんきりワークショップ 『お月見もんきり 月を待つ小さな屏風作り』東京・大田区 本と工房の家 2018年9月22日(土) (9/18(火)-22(土)は「月を待つ一週間」開催)

月を待つ一週間

あまりの暑さにもう来ないのではと心配していた秋も、小さな虫の音と共に少しずつ近づいてくれているようです。
さて、今年の9月24日の「中秋の名月」に向けて、東京大田区・御嶽山駅そばのエクスプランテの期間限定スペース「本と工房の家」では、9月18日(火)より9月22日(土)の間を「月を待つ一週間」と題しみなさんと一緒にお月見を待ちたいと思います。

本と工房の家2018 月を待つ一週間

new!・エクスプランテのもんきり男子部instagramで2018年9月10日の新月から24日の中秋の名月の晩まで連なる「月を数える」ショートコラムを更新してまいります。
2018年9月22日(土)13:30-16:00に、皆さんとご一緒に日本の伝統的なかたちをキリガミ紋切りあそびで味わいながら もんきり屏風作りを楽しむ「月を待つもんきりワークショップ」を開催します
2018年9月18日(火)から22日(土)14:00-17:00には、ささやかなお月見のしつらいと月の本の展示+小社書籍を販売するミニ売店コーナーが出現します

 


 

月を待つもんきりワークショップ
「お月見もんきり 月を待つ小さな屏風作り」

『紙あそび歳時記 日本の行事』新刊イメージ9月24日は中秋の名月。
かつて暮らしが月とともにあった頃、
人々は少しづつ満ちていく夜空の月を数えながらこの日を待ったことでしょう。
月見をめぐる行事やしつらいのお話と、月が満ちるのを待つ間お部屋に飾って楽しめる「もんきりで作る、ちいさなお月見屏風」。
月を楽しむひと時を、たくさんの本に囲まれた本と工房の家でご一緒しましょう。

月を待つもんきりワークショップ
「お月見もんきり 月を待つ小さな屏風作り」
講師:下中菜穂
日時:2018年9月22日(土)13:30-16:00
会場:本と工房の家(大田区・御嶽山駅そば エクスプランテ内)
会費:おひとり3,000円(お月さんのおやつとお茶付き。)
*親子で参加される方向けの親子割引あります
例:おふたり(親1名+子1名)で4000円、3名さま(親1名+子2名)で5000円
定員:14名さま

お問い合わせ、お申し込み(メール):
u-yu@yj8.so-net.ne.jpあてに、参加を希望される方のお名前(親子や複数名さまでご一緒に参加ご希望の場合は、全員のお名前)とe-mailアドレスをご記入の上、メールでお申し込み下さい。

 


同時企画:月を待つ展示「月の言葉とかたち」

月を待つ一週間 お月見に向けて月を待つしつらいと、本と工房の家の本棚から月に関する本をいくつか展示、そしてエクスプランテの小さな売店コーナー(limited shop in the publisher ~小社エクスプランテの本を直接ご購入いただけます)が、期間限定で本と工房の家に出現します。

 

月を待つ展示「月の言葉とかたち」 
日時:2018年9月18日(火)から22日(土)14:00-17:00の時間内のみ公開
会場:本と工房の家(大田区・御嶽山駅そば エクスプランテ内)

お散歩や御嶽商店街お買い物の途中など、お近くにお越しの際は、どうぞお気軽にフラリとお立ち寄りください。
晴れた日は外に看板をお出しして、のんびりとお待ちしております。