もんきりワークショップ『江戸の「紋きりあそび」アンデルセンと出会う』千葉県・ふなばしアンデルセン公園 子ども美術館 (第10回アンデルセン公園きりがみ展関連ワークショップ) 2019年3月17日(日)

千葉県船橋市のふなばしアンデルセン公園の中にあります 子ども美術館 で、2019年3月17日(日)に、『きりがみワークショップ 江戸の「紋きりあそび」アンデルセンと出会う』を開催いたします。

切り紙がお好きな方も、これから切り紙をはじめてみようかなという方も、アンデルセンの切り紙がお好きな方も。
こどももオトナもみんな一緒に、どうぞお気軽にご参加ください。

ワークショップ開催概要
『きりがみワークショップ 江戸の「紋きりあそび」アンデルセンと出会う』
紙を折って、切って、開く。日本の伝統的なかたちを作る「紋きりあそび」。
江戸時代の寺子屋でも遊ばれた切り紙がアンデルセンの切り紙と出会って踊りだします。さて、どんな物語が生まれるのでしょう?

日時:2019年3月17日(日)13:30~15:30
場所:ふなばしアンデルセン公園 子ども美術館 談話室
千葉県船橋市金堀町525番
定員:20人
費用:300円(別途公園入園料が必要です)
対象:幼児以上(ハサミが使える人) ※幼児は保護者同伴
参加お申し込みは2019年2月1日(金)より受付:子ども美術館 Tel:047-457-6661 までお電話でお申し込みください。

子ども美術館HP:
きりがみワークショップ|WORKSHOP
江戸の『紋切りあそび』アンデルセンと出会う


今年で第10回目を迎えるふなばしアンデルセン公園 こども美術館で開催されている「きりがみコンクール」。
2019年3月17日~5月6日に同コンクール参加作品の展示ときりがみの魅力をテーマにした展覧会「第10回アンデルセン公園きりがみ展」が開催されます。
(展覧会初日の2019年3月17日(日)に、関連ワークショップとして『きりがみワークショップ 江戸の「紋きりあそび」アンデルセンと出会う』が行われます。)

アンデルセン公園にお越しの際は、愛らしい草花とともに、子ども美術館の展覧会もご一緒にぜひおたのしみください。


展覧会開催概要
「第10回アンデルセン公園きりがみ展」
「第10回アンデルセン公園きりがみコンクール」入賞作品の展示をはじめ、これまでの入賞作品やデンマークの子どもたちの作品など切り紙の魅力、楽しさをたっぷり紹介。

会場:こども美術館
千葉県船橋市金堀町525番 ふなばしアンデルセン公園内
日程:2019年3月17日(日)〜2019年5月6日(祝・月)
時間:9:30-17:00(3/17・19、4/9~26の平日は16:00まで)
休館日:3/18、4/8・15・22
こども美術館へのご来館には、ふなばしアンデルセン公園入園料が必要です。

第10回アンデルセン公園きりがみコンクール受賞作品

ふなばしアンデルセン公園 こども美術館公式HP
https://www.park-funabashi.or.jp/and/kodomo/